辞表の書き方の前に

辞表の書き方は、もしかしたら会社で決ったフォーマットがあるかもしれませんが、多分それは事務処理をする為に必要なもので退職願いなんてなってるかもしれませんね。

辞表の基本的な書き方があるので紹介していきますが、辞表を書くに当たって理由があるはずです。その理由をなんと書くかこれが一番悩むところですよね。
辞表の書き方として一番無難なのは「一身上の都合」なんて書くのがよさそうだということですね。あくまで一般的な話しなのですが。

逆に、会社内などの特殊な事情(例えばセクハラ行為)があることが原因ある場合もあるでしょう。そうした場合は、会社のほうから退職理由なんかにいろいろ注文がついてくるようなパターンもあるようです。
その会社の要求してきた、辞表の書き方に乗るか乗らないかは、これは自分で判断するしか無いですね。辞表を書いてしまって受理されてしまうと変更できないでしょうから。

このあたり退職の理由が、何と書いてあるかによってハローワークなどで次の職を探すときの対応などが変わってくるということです。いろんな理由で辞表の書き方を探していると思うのですが、理由に関しては良く考えましょう。

<用語解説>
一身上の都合
労働者の側の個人的な事由など、例として病気療養や、結婚によるものや、両親の面倒を見なければならないなど、または自己の能力を生かせる職場に再就職するためという意味でも用いられることがある。
労働者自らの意思で退職するような場合に用いるのが、社会的慣わしとなっているようです。
| 辞表