辞表を書く

辞表を書くことを、入社するときに考える人なんていないですよね。辞表のこと考えて入社するなんて何か裏があって入社するなんて普通では考えられないような場合しかないのでは。テレビドラマじゃないから現実にはそんな話もほとんど無いでしょう。

ただ現実問題として、転職が特に珍しいことではなくなったいまでは、辞表を書く機会というのは確実に増えてきたでしょうね。
辞表を叩きつけてやめるなんてことはめったに無いことで、自分の決意がある程度固まったら、直属の上司にそれとなく相談するというのがまずは筋ではないかと思います。
会社という組織の中で働いていく以上、どこでも人と関わるわけですし、仮に独立するとしても、お金を儲けるということは誰かからお金をいただくということです。
必ず人との関わりなくして生きていくことは出来ません。
辞表を書く覚悟が出来たなら、辞表の書き方も大事ですが、きちんと礼儀なども一度でいいので考えてみましょうね。
それぞれに、色々な事情はあるでしょうけど。

辞表の書き方以前にきちんとしておいたほうが良いことはたくさんあると思います。

<用語解説>
辞表:職を辞する際に、その旨を書いて提出する文書のことを言います。辞職願いとも言います。
| 辞表